読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっくりRailsの各バージョンの流れ

Rails

Rubyの推奨/必須バージョンの推移

  • Rails 3 : 1.8.7以降必須
  • Rails 3.2 : 1.8.7最終ブランチ
  • Rails 4 : 1.9.3以上必須。2.0推奨
  • Rails 5 : 2.2.1以上必須
    • シンボルのガーベージコレクトを宛てにしているらしい

今更ながらだけど、4系は2.0推奨なのね

メジャーバージョンアップの変遷

Rails1

キーワード : DRY, CoC

  • CoC: 設計より規約

Rails2

キーワード : RESTful

2010/08/29 : Rails3

キーワード : Modularity

Rails2とRails3.1の橋渡し的な位置付け

3.1

ここから本当のRails3

ただし人柱版。安定版は3.2から

  • 新機能色々
  • とても荒削り。実用性は二の次(ひどい)
    • Rails3.2 が安定版とも
  • 3.2のベータ版

参考

2010/06/27 : Rails4

キーワード : そんなものはない

  • Ruby2.0
  • 最初から安定版。(3は3.2から安定版)
    • 多分3は評判悪かったのではないかなぁ...
  • 3.2との互換性
  • 4.0としてどうこうという思想はないので、最近のRailsの流れを把握した方が良い

最近の潮流

2015/秋 : Rails5

キーワード : 小さなチームのためのRails

それがたとえ一人であっても、Railsがあれば世界を変えていけるようなものにしていく

  • Ruby2.2.1以上必須
  • ActionCable
    • WebSoketを使ったリアルタイムweb
  • Turbolinks 3.0
    • Turbolinksを使った部分的なページの差し替え
    • 今までは、bodyとtitleのみだった(らしい
  • Rails API
    • RailsでwebAPIだけを提供する仕組み
    • 最近流行のシングルページアプリケーション用
  • さようならrake
    • rake db:migraterails db:migrate
  • さようならtouch tmp/restert.txt
    • → rake restart
    • rails restartではないのか...?

参考

参考